test3

仙禽(せんきん)とは仙人に仕える鳥「鶴」を表し、この蔵の名前として代々、受け継がれてきました。 「酒は工業製品でなく、伝統工芸品でなくてはならない」と、それぞれの酒の特性に合わせて丁寧に手作り。 大谷石で築かれた蔵で醸された酒は、地下50mの大谷石採掘跡で酒を貯蔵熟成。木桶仕込みも復活させ、 栃木の地酒の本質を突き詰めています。 リスト更新日:2017年6月19日