神蔵 商品一覧 日本酒通販|さいとう酒店|地酒・日本ワイン専門店


2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
定休日
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
定休日
 

トップ > 日本酒 > 中部・関西地方 > 神蔵(京都府)

神蔵(京都府)


神蔵(かぐら)


京都は左京区吉田河原町、東に東山三十六峰、西には西山連峰、京都御所と銀閣寺を線で結んだその真上、鴨川のほとりに蔵を構える松井酒造。創業は享保11(1726)年、元々江戸中期の頃は但馬国(現在の兵庫県)で酒造りの他に廻船業も生業としていて、当時は北海道の千歳等と交易をし、日本酒と海産物との物々交換を行っていたとされています。幕末に入ってから酒蔵を京都・洛中の河原町竹屋町へ移し、その後大正時代の末期に京都市電の建設に伴って吉田河原町へ移り現在に至ります。創業から約300年の時を経て、なおも酒蔵に受け継がれる想いは『どんな時代にも、長く愛される“ものづくり”を続けること』。時代時代の移り変わりや紆余曲折の経験こそが根底で大切にすべき事を明確にし、またそれが今の酒蔵の歴史を形成しました。秘めたる熱い想いによって丹念に造り込まれる日本酒は甘酸辛苦渋、それぞれの要素において「お米の旨み」を最大限引き出しており"味があって味がある"、そんな魅力に満ちています。

松井酒造 京都府

全3件